ウズベキスタンのお祭り① 「イードアルアドハ」


2020年7月30日から31日
ウズベキスタンで休日のイードアルアドハです。Eid al-Adhaお祭り)
イード・アル=アドハー(عيد الأضحى 、Eid ul-Adha)はイスラム教で定められた宗教的な祝日。イブラーヒーム(アブラハム)が進んで息子のイスマーイール(イシュマエル)をアッラーフへの犠牲として捧げようとした事[1]を世界的に記念する日。ムスリムのラマダーン明けのイード(祝祭)の1つである。

イード・アル=フィトルと同様に、イード・アル=アドハーは短い説教をともなう祈祷(フトゥバ)から始まる。イード・アル=フィトルより長期間にわたるため、大イードなどとも呼ばれる。また、日本では犠牲祭と意訳される。

この休日は、ラマダンが終わってから70日後に祝われます。 この休日はすべてのイスラム教徒の国に存在します。 すべてのイスラム教徒がこの日に休息します。 彼らは近親者の状態に関する情報を取得します。 伝統的に、この休日には小麦粉製品からさまざまな料理が作られます。

近所の人たちにも食事を提供しています。貧しい家族に財政援助が提供されます。この日に多くの善行が行われます。彼らは羊をさばいて、犠牲にします。羊の肉は無料で人々に配布されます。この日、朝早く、イスラム教徒はモスクに祈りに行きます。

この日、子供たちは両親、親戚、イスラム教徒がお互いを訪問し、同情を示すことが知られています。 残念ながら、今年、私たちの宗教のそのような高貴な伝統を実践するのにいくつかの困難があったことは事実です。

残念ですが今年はイードの祈りはモスクでは行われません。

コロナウイルスのパンデミックのために、イスラム教徒は彼らの家で祈る必要がありました。

関連記事

  1. ウズベキスタンのお祭り① 「イードアルアドハ」

  2. 150年も生きる?ウズベキスタンの長寿の魚

  3. ウズベキスタン健康法