ウズベキスタン料理紹介シリーズ 2

ウズベキスタン料理はどんな料理?


ディーリャさんのウズベキスタン料理の紹介についてシリーズでお伝えしていきたいと思います。

ウズベキスタンはかつて「ソ連の台所」と呼ばれました。そ れは農業が盛んだったから。じつはウズベキスタンの国土の 8割は砂漠地帯で、東側は高く険しい山脈地帯ですが、一部に肥沃な盆地があり、昔から農業が盛んでした。さらに、国 立・州立の農業大学による研究で、良質で種類豊富な作物が 作られるようになりました。ウズベキスタン産の農産物は、 今ではロシアでブランド品として流通されています。また牧 畜も盛んで、上質な肉も手に入ります。そのため、ウズベキ スタンでは肉も野菜もよく食べます。
食事は肉料理が中心ですが、サラダや野菜を使った料理も必 ず食卓に上がります。
肉じゃがのように、羊肉とジャガイモ やニンジンを煮込んだディムラマは定番の料理です。
主食は、小麦粉と水と岩塩だけで作られる窯焼きパンか麺。
伝統的なパンは丸く平たい形のナンで、炒めた羊肉を包み込 んで焼くパン、ソムサなども人気です。茹で餃子のようなチ ュチュワラの生地も小麦粉。日本のうどんに似たラグマン は、小麦粉から麺を手作りします。
ウズベキスタン料理は粉物文化、とも言えるでしょう。稲作 も行われていますが、米はガルプチというピーマンの肉詰め で詰め物に加えるなど、野菜の一種として使われるのが一般 的です。例外として、羊肉の炊き込みごはんのプロフでは米 が主食となりますが、白いごはんをおかずとともに食べるという習慣はありません。

主食はナンです。

ウズベキスタン料理どんな味?


素材を生かした優しい味が基本です。欧州のようにソースは 使わず、素材本来の味を味わいます。国民の多くがイスラム 教徒であるため、肉は羊か牛が主。ウズベキスタンの羊は 牧草を食べて育つので肉に臭みがなく、肉の旨味を引き立て るためにクミンなどのスパイスは使いますが、味付けはシン プルでクセがないので、日本の方にも食べやすいと好評で す。香りづけのディル、コリアンダー、パセリ、セロリ、バ ジルなどがいいアクセントに。羊串焼きのシャシュリックは ウイグル料理とも似ていますが、私の国では唐辛子は使いません。

ウズベキスタンのデザート&スイーツ


そしてデザート。ウズベキスタンにも様々なスイーツがあり ますが、甘くて新鮮な果物に恵まれているので、食後にはフ ルーツが主流です。春はさくらんぼ・イチゴ・ラズベリー。夏 はスイカ・メロン・杏・桃。秋にはブドウ・イチジク・ザクロな どが市場に溢れます。果物が少ない季節になるとドライフ ルーツの焼き菓子に代わり、焼き菓子が出されると私たちは冬が来たとのだと感じます。

関連記事

  1. 日本の新しい家庭食へ 炊飯器で作る ウズベキスタン料理 プロフ

  2. ウズベキスタンのお茶会

  3. ウズベキスタン料理紹介シリーズ 2

  4. ウズベキスタンのドライフルーツとナッツとは?