ウズベキスタンと日本の絆

名古屋の友人の大学生の娘さんから、学生向けのイベントに展示を依頼されました。

持続的発展、国々の共生、家族の絆をテーマにしたこれからの日本を作るミライメーカーというコミュニティーからの依頼。

三重県総合文化センターで展示。ウミドさんと夜行バスに飛び乗りました。ナボイ劇場の建設秘話と唐招提寺の建立秘話を紹介しました。三重まで行ったついでに奈良の唐招提寺にお盆のお墓参りにウミドさんを連れて行きました。

安 如保上人(ウズベキスタン、ブハラ出身(西暦 731-815)(ウミドさんのお父さんは同じ出身)ご先祖に当たるかもしれません。

イベントのテーマは上記写真のとおり、「真実の絆はシルクロードの国々を結ぶ。」シルクロード始発駅ウズベキスタンと終着駅日本の絆紹介です。

シルクロードの国々を結び現代のシルクロードとして平和で自由に行き来できる平和の道建設時代に導くきっかけになれば幸いです。

現在その産みの苦しみの試練なのか、コロナウイルスでウズベキスタンへの入国は完全にストップしていますが、ピンチはチャンス日本とウズベキスタンの絆についてシリーズでご紹介していきます。


関連記事

  1. 日本とウズベキスタンの絆、秘話シリーズ1

  2. ウズベキスタンと日本の絆

  3. 「ナボイ劇場建設秘話」シリーズ第1回